バーチフローリング

現場では天井のボード貼りもほぼ終わり、床フローリングの施工をしています。

フローリングはバーチ(カバ)の無垢フローリングです。
もともと短い板を縦方向に継いで一枚(長さ1.8m)の板にしていますが、幅が75mmなので、貼る手間が大変掛かります。

大工さんも『根性です。』と言いながら、綺麗に貼ってくれていました。
実際に貼っているものを見ると「美しい」という言葉が出てしまいます。(私には似合いませんが・・)

今回はこのままではなく、塗装をして仕上げる予定で、色目は少し濃くしてシャビーな雰囲気になると思います。

白い紙のようなものはフローリング同士の隙間をとるためにフローリングの間に挿す紙です。

フローリングを貼りだしてからもう4日目になりますが、まだ貼りおわりません。

良く使われる合板フロアですと2日もあればほぼ貼り終わるのですが、さすがに幅の狭いフローリングは時間がかかります。

大工さんもしっかりとした施工をしながらもかなり早いペースで貼ってくれています。