現場発泡の断熱材

内部の下地工事を進めています。

2階から天井では屋根の勾配に沿って、ボードを貼っています。
これに断熱材を吹き付けていきます。
ボードを貼っているのは屋根部分の熱を棟(屋根のてっぺん)から逃がせるように
空気の流れるスペースを作るためです。
大工さんは腰が痛かったそうですが・・

断熱工事も終わり、これから内部の造作工事を進めていきます。

この現場ではアイシネンという現場発泡の断熱材を施工しています。

以前この現場発泡のデモを家づくりを検討されている方に見て頂くと、とてもご興味を持って頂きました。
そこで今回、現場をお借りして断熱の見学と気密測定の見学会を開催させて頂くことになりました。
気密測定はC値(隙間相当面積)と呼ばれる『住宅全体の隙間の総面積(平方センチメートル)を床面積(平方メートル)で割った数値』を現場で実際に測定するところをご覧になって頂きます。

正直、この測定を公開するのには相当迷いました。
というのも、この測定はそれなりに費用がかかるためぶっつけ本番で、数値の改ざんはもちろんできません。
そのため、かなり自信がないと公開することができないのです。