上棟から構造検査まで

前日までに上棟準備も整い、上棟当日の朝、雨も降っていなかったので、予定通り棟上げを行うべく工事を始めました。
午前中はなんとかもちましたが、午後は雨模様になってしまいました。
それでも大工さん達はびしょ濡れになりながら、棟までは上げてくれました。
こういった天気のときの判断は迷うのですが、けがも無く作業を終えることができて、何よりでした。
大工さん達は本当にお疲れ様でした。

翌日から屋根の下地の作業を行い、出来上がると屋根ルーフィングも貼りましたので、これで、屋根からの雨漏りの心配はなくなりました。

大工さんは金物や筋違いなど構造的に重要な意味を持つ部分の施工を行ない、金物などの施工が終わると、JIOによる構造検査がありました。
今回のJIOの検査員の方は検査員の中でもかなり厳しい方だったようです。
それでも、指摘事項は2点でその場ですぐに直すことができ、無事合格を頂きました。
さらに『よくできている。』と褒めて頂きました。

並行して作業をしていた屋根の工事も終わりました。
今回もファイバーグラスシングルですが、今までとは色が違い、グレーの独特の色むらがあります。
この色もなかなか味があって、良い感じです(^^)