透湿防水シートと防水検査

天気にも恵まれたおかげで、順調に工事も進んでいます。
樹脂サッシも搬入され、取付けが終わりました。
輸入の樹脂サッシを使用していますが、性能とコストを考えるとどうしても今は海外製の物の方が優れています。
大工さんはバルコニーの防水の下地を施工しました。
その後、バルコニーの防水を施工してから外部の防水シートを貼っていきます。
それが終わるとJIOによる外装下地検査がありましたが、特に問題もなく、無事合格でした。
透湿防水シート(白く見える部分)を貼っています。

従来のアスファルトフェルトを貼ると水も水蒸気も通しません。
その為、壁の中に進入した水蒸気が壁の中で結露を起こすことがありました。
しかし、この透湿防水シートは水は通しませんが、水蒸気は通します。
これによって、壁の中に水蒸気が進入しても外部に逃がしてくれます。
もちろん、外部の仕上げに水蒸気を通さない樹脂系の塗料などの仕上げをすると意味がありませんが・・
この家では仕上げは水蒸気を通すヨーロッパの漆喰を使用します。
このように壁の下地から仕上げまで素材の相性を考えて仕様を検討する必要があるのが、難しい点でもあります。